女性特有又は、女性疾患、婦人科疾患

女性疾患とは?

女性疾患とは月経痛やPMS(月経前症候群)、更年期障害や不妊など女性特有の疾患のことを指します。
女性の体は初潮を迎えてから、閉経に至るまでの期間、子宮や卵巣は休むことなく働き続けます。唯一、休息を取ることができるのが妊娠、出産や授乳の時期だけ。晩婚化が進み、出産回数が減ると、それだけ体にかかる負担も大きくなるといわれています。
東洋医学では、多くの婦人科系の疾患は『気血の循環不足』と考えられており、精神的なストレスや疲労・睡眠不足・運動不足・暴飲暴食なども相まって気を巡らせ、血の流れを調整する役割の『肝』の働きが悪くなっていると考えます。
当院では気・血の流れを改善し子宮や卵巣などの臓器に血や栄養がしっかりと行き届くように治療をしていきます。
鍼灸治療は身体に負担なく、かつ、治療後も身体ににダメージを残さないので、女性の病気にとっては優位な治療法です。

鍼灸による女性疾患への効果

全身の気・血・水の巡りを整え、人間が本来持っている自己治癒力を高めて心身のバランスを整えます。婦人科系疾患にお悩みの方は同時に慢性的な冷え、頭痛や肩こり、疲労感といった悩みも抱えていることが多いかと思われます。
これは、体内の血液が瘀血(流れが悪く滞りがちな血液)となり、血流が悪化して、血液が栄養やホルモンを全身に十分届けて細胞を養うことができなくなっていることが原因であることが多いです。
鍼灸によって全身の停滞していた巡りを改善することで、子宮や卵巣などの臓器が本来の機能を取り戻し、元気になることで症状の改善を図ります。また、精神的・社会的ストレスによる自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れによる症状にも対応しております。リラックスしていただくことも治療のひとつの為、女性鍼灸師が居心地の良い環境・治療を提供いたします。

女性特有又は、女性疾患、婦人科疾患(効果、説明)

月経痛

東洋医学的に月経痛や月経前の辛い症状は、主に血液や血液循環の異常で起こるととらえています。「血」の異常のうち、血行が滞って血行不良になる「お血」には駆お血剤、血液が不足した「血虚(けっきょ)」にはそれを解消する経穴を用いて、血の異常を治し、月経痛を和らげていきます。

治療経穴例

血海(けっかい)

位置:膝蓋骨の内側、上端角から指幅3本上がったところ。

排血の多少を整える効果があります。

合谷(ごうこく)

位置:手の親指と人差し指の骨が交わる部分よりも、やや人差し指よりのくぼみ。

痛みに万能のツボ。月経痛だけではなく頭痛・歯痛・肩こりなどの緩和などにも効果的です。

冷え症

体のはたらきをよくして、症状を抑えていくことを目的とする東洋医学にとって、まさに熱を作る機能が落ちている冷え症の治療は、得意とするところです。
「気・血・水(き・けつ・すい)」という東洋医学の概念は、冷え症の原因はこれらの異常によって起こると考えられます。具体的には、血が足りない状態(血虚)、血がとどこおっている状態(お血)、水分がたまっている状態(水滞)、気が不足している状態(気虚)などがあります。また、いくつかの状態が重なって冷えが現れたり、悪化したりしている場合も少なくありません。

治療経穴例

太渓(たいけい)

位置:内くるぶしの高さで少し後ろ側、アキレス腱との間の少し凹んでいるところの真ん中。

下半身の冷えに特に効果的で、水分代謝を上げるためむくみにも良いです。

湧泉(ゆうせん)

位置:足裏の土踏まずのやや上の中央部、足の指を曲げたときに凹んだところ。冷えやむくみの改善に効果があるほか、筋肉疲労の回復にも効果があります。

不妊

東洋医学(中国医学)では、女性の場合の「不妊」は「不孕」(ふよう)と呼び、その原因については、代表的なもので数種類ありますが簡単に説明すると、根本的なエネルギー不足、身体自体や生殖器に滞ったり・発生する不要物、精神的なストレスなどが「不妊」の要因になっているということです。
それらの要因によって子宮や卵巣の働きが悪くなり、「不妊」という状態を招くのです。これらの不調の要因を取り除いていくのが東洋医学における「不妊」治療です。

治療経穴例

関元(かんげん)

位置:臍から4本指分下がった場所。

ダイレクトに子宮に繋がり、子宮内の血液循環を良くする効果があります。

三陰交(さんいんこう)

位置:内くるぶしの指4本分上で、骨の際にある。不妊、月経異常などに効果のあるツボでこのツボが冷えているときは身体に不調が起きていることが多いので温めると良いです。

更年期

東洋医学の教科書ともいえる文献『黄帝内経(こうていだいけい)』には、「女性は7の倍数」の年齢の時に節目を迎え、体に変化が訪れるという記述があります。

更年期にかかる49歳前後の間は体全体の機能低下が見られ、特に生殖に関わる「腎」の働きが自然現象として衰えていきます。腎は元気の源とも言われ、体全体を温める力(気の働き)と臓腑や各器官に栄養を与え潤す力(血・水の働きに当てはまります)を備え調節しています。この温める力が低下すると手足の冷え、むくみ、頻尿などの冷え症状が強くあらわれ、潤す力が低下するとのぼせ、発汗、めまい、人によっては骨密度の減少、高血圧、高コレステロールをまねくと考えられています。また、このような状態が長く続くと他の臓器へも影響を及ぼし様々な症状を生み出します。

治療経穴例

復溜(ふくりゅう)

位置:内くるぶしの中心から指幅3本分上がったところの高さでアキレス腱の前側。

腎を活性化する最適のツボの一つです。精神的な疲労・長期に及ぶ精神ストレスにも効果があります。

太衝(たいしょう)

位置:足の親指と人差し指の骨の合わせ目、少し手前。

気が上がっている状態を改善する効果がある為、ホットフラッシュの症状に使用します。

対応メニュー

© Copyright - 銀座の鍼灸エステサロン HARINIQ銀座